庚申堂

庚申堂(こうしんどう)に行ってきました。

koushindo2

文武天皇時代に疫病が流行した際に、
元興寺の高僧がご加護を祈っていると青面金剛が現れ、
「汝の至誠に感じ、悪病を祓おう」と言って消え去ったといいます。

その日が1月7日「庚申の年・庚申の月・庚申の日」であったことと、
悪病などを持ってくる「三尸(さんし)の虫」が猿を嫌いなことから、
猿が悪病を退治してくれるのを願ったのが始まりだそうです。

屋根には「見ざる・言わざる・聞かざる」が居ます。

koushindo1

災いを代わりに受けるとされることから「身代わり申」、
背中に願い事を書くと叶うとされることから「願い申」と呼ばれ、
各家庭の軒先に吊るされます。

koushindo6

サイズと数によって、家族構成がわかるとか・・・。

koushindo5

町内から転出した家族の分は、庚申堂に預けられます。

koushindo4

ならまちに残る道教由来の民間信仰で、
「庚申さん」の愛称で親しまれます。

koushindo3

※近鉄奈良駅下車~徒歩15分。


岐阜県飛騨地方の「さるぼぼ」になんとなく似ています。

sarubobo

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード