白鳳~花ひらく仏教美術~

奈良国立博物館開館120年を記念した特別展
白鳳展~花ひらく仏教美術~』へ行ってきました。

hakuhou1

白鳳文化は、大化の改新(645年)頃~平城京に移った710年までの時期で、
飛鳥文化と天平文化の間に位置する藤原京を中心に栄えた文化とされています。

薬師寺や法隆寺所蔵品を中心に、150点もの仏像宝物を一度に観るチャンス!

特に薬師寺所蔵の「月光菩薩立像(国宝)」は必見です!

hakuhou3

くるっと一周360度観ることができ、驚くことにロープも張っていません。
しかも光背なしなので、後ろ姿を拝むことができます。
こんな間近に観るチャンスは無いかも!?
当然、薬師寺の「月光菩薩」はお留守なのです。
薬師三尊像(「薬師如来」を中尊とし、向かって右に「日光菩薩」、
向かって左に「月光菩薩」)は、少しさみしいですね。

今回の目玉のひとつ興福寺所蔵の「仏頭(国宝)」は、
8月18日~27日までの9日間のみの特別展示!
こちらも360度くるっと一周、至近距離で観ることができます。

野中寺(やちゅうじ)所蔵の秘仏「弥勒菩薩半跏像(重文)」も
7月19日~9月16日まで特別展示されています。
とても小さな金剛仏(18.5cm)ですが、そのお姿に魅了されました!

正倉院展と違って、ゆったりゆっくりと観ることができました。
この機会に是非!

◆至近距離で観れる仏像!◆
法隆寺所蔵「観音菩薩立像(夢違観音)(国宝)」
法輪寺所蔵「伝虚空蔵菩薩立像(重文)」←9月13日まで
当麻寺所蔵「持国天立像(重文)」など・・・

◆ガラスケース入りですがこちらも注目!◆
法隆寺所蔵「阿弥陀三尊像(国宝)」
法隆寺所蔵「龍首水瓶(国宝)」
長谷寺所蔵「胴板法華説相図(国宝)」

※奈良国立博物館で、9月23日(水・祝)まで開催中!

hakuhou2

おまけ・・・
鹿たちは、今年は辛い夏でしたね。
朝晩は、少しはマシになりましたが・・・
木の根っこで涼んでいました。

hakuhou4

誰もいない地下道を悠々と歩いていました♪

hakuhou5

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

maiaさん、こんにちは!
ブログランキングから来ました、
子育て真っ最中の三十路主婦、おくだえりこです。

間近で仏像をじっくり見られるなんて
素晴らしいですね!
遠くから眺めるだけじゃ
本当に美術品ですもんね(^_^;)

鹿もかわいいです。

また訪問させていただきますね☆
応援ぽち、させていただきました!

おくだえりこさま

コメントありがとうございます。

阿修羅像が東京へ行ったあたりから、
仏像の出張が増えたような気がします。
色々思うところはありますが、
間近で観れることは正直うれしいです。
白鳳展は、想像を上回る素晴らしいものでした。
おすすめですよ!

この時期、鹿は角切り前なので、
雄鹿は立派な角になってきています。
バンビを連れた雌鹿もいて、癒されますね♪
外国人観光客は、鹿とのツーショット撮影に夢中でした(^_^;)
PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード