時をかける少女

『時をかける少女』。

1972年、「タイムトラベラー」というドラマ化が最初だそうですが、
1983年、尾道三部作ともいわれた大林宣彦監督作品(原田知世主演)が、
最も有名なのではないでしょうか。
(※以下ネタばれあり)

映画(原田知世版)は、原作に忠実に作られていますが、
アニメ版(2006年)はアレンジされていて、
原作の20年後の設定だそうです。
重要な“ラベンダーの香り”は登場せず・・・残念!

全く繋がりがないのかな~って思いながら観ていると、
博物館で働いている真琴(主人公)のおばさんが、
芳山和子ではないかと気づき始めるのですね。
決定的なのは、職場の自室の棚に飾られている写真とラベンダー。

tokiwo2
(※画像お借りしました)

原作を読み直そうと、本屋で見つけた新装版の表紙がなんと!!!

tokiwo1

原作は、2640年から来たケン・ソゴルが
未来で行われている“睡眠教育”の薬を作るため
ラベンダーを求めてやって来ます。
映画では、“睡眠教育”の話のくだりは無かったですが、
ラベンダーで薬を作っていました。
尾道の町並も良かったです。

tokiwo5

時代ごとに何度もドラマ化映画化されている作品の一つで、
今年は舞台化もされるそうです。
原作者の筒井康隆さんが、関西ローカル番組(ビーバップハイヒール)内で、
「この子、よお稼いでくれんねん!」って言っていました。


おまけ・・・
尾道といえば、御袖天満宮(有名な階段ですね)。

tokiwo4

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード