魔女の秘密展

魔女の秘密展』に行きました。

majyonohimitsu1

ハーブ(薬草)の勉強をし始めて、
“魔女”という言葉にやたらと出会うようになりました。

18世紀ごろの乳鉢と乳棒、蒸留用フラスコの展示は、
少しテンションが上がりました!
生きたサソリをオリーブオイルで煮込む魔女の絵画もありました。
この「サソリオイル」は、傷や痛み止めに使われたそうです。

魔女は、基本的に軟膏を作る!?そうで、
「空飛ぶ軟膏」を全身に塗って、空を飛んだらしいです。
“ヒヨス”という植物が主成分だったとか・・・。

公式図録には、展示物の詳しい説明はもちろん
少しだけど薬草図鑑もあって、読みごたえは十分でした!

majyonohimitsu0

アロマの歴史に必ず出てくる「ウィーン写本」は、
『ディオスコリデスとマンドラゴラ』というタイトルで
一部展示されています。

“マンドラゴラ”とは、根っこの形が人間に似ていることから、
古代から魔法の薬とされ、「ハリーポッター」にも出てきます。

mandoragora
(※画像お借りしました。)

薬草に関する知識があり、人を癒す能力がある人が魔女とされ、
実際に“魔女狩り”というものが、行われていたそうです。

拷問道具のコーナーは、部屋も薄暗く、
床にキャンドル(電気式)が並べてありました。
色々想像すると、恐ろしくなってきました。

音声ガイドは、佐々木蔵之介さん。
「白猫」と「黒猫」の2種類のバージョンがあり、
「黒猫」はちょっとダーク(怖い!?)らしいです。
確かに、拷問道具のコーナーは「黒猫」の印が多かったです。
2人で行く方は、両方借りて聞き比べるのも良さそうですね!

ちなみに私は「白猫」でした。

majyonohimitsu
(※このカードには仕掛けがあり、裏面に答えがあります。)

※大阪文化館・天保山(旧サントリーミュージアム)にて5/10(日)まで開催中!
10:00-17:00(土・日・祝は18:00閉館)
会期中無休

日本初の“魔女”をテーマにした国際展で、
全国巡回(大阪→新潟→名古屋→浜松→広島)予定!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード