fc2ブログ

パリの調香師

『パリの調香師』。

主人公は世界的に有名な香水を誕生させた調香師アンヌ。
4年前、仕事のプレッシャーや忙しさから突然嗅覚を失い、大失敗してしまいます。
表舞台から退き、柔軟剤の香り作りなど、与えられた仕事だけこなす日々。
ある日、新しい運転手のギョームと洞窟の下見に行くところから物語は始まります。
(※以下ネタバレあり)

「グレーのスーツケースは丁寧に扱って!」
ホテルのシーツの柔軟剤の香りに耐えらないので、
自分のシーツも持参しているため、
いつも荷物がいっぱいなのです。

diol4

洞窟の香りを再現するため、その場でメモし調合していきます。
鉱物、土、ショウノウ、苔、オーク、アヤメの根・・・

グレーのスーツケースの中身の正体は、
アロマの小瓶でいっぱいなのでした。

diol3

アンヌは超わがままで、運転手は次々と辞めていました。
ギョームも雇い主に苦情を言いたいところだったが、
娘の親権のために仕事は辞められない・・・

香りがいろいろ出てきますが、
気になったのがこのシーン。

diol12

給油に寄ったガソリンスタンド兼雑貨屋のトイレ。

これ、石けんです。

diol5

アンヌは何回も手を洗って、香りを嗅ぎます。

diol6

「子供の頃、毎年行ったキャンプの食堂にあった石けん。
朝まで香りが残るように夕食後にも手を洗っていた。」
懐かしむように少女のような笑顔を浮かべます。

diol7

アンヌ : 「この石けんを買いたい!」
店主 : 「新しい方がいいでしょ!」

帰りの車の中で、上機嫌でず~っと香りを嗅いでいました。

diol11

この石けん、後半で再び登場しますよ!

ギョームの嗅覚に才能を見出していたアンヌから
毎回指名されるようになっていきます。

「花の匂いを嗅ぐように、息を深く吸い込むの。頭を空にして!」
「鼻を洗って・・・自分の匂いを嗅ぐの。鼻をリセットするのよ!」

お互いに刺激し合い、アンヌは再び香水を作りたくなり、
ギョームにも変化が起こります。

diol9

ディオールも撮影協力。

diol2

娘の誇らしげな顔がすべてでした。

diol14

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
03 | 2024/04 | 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード