fc2ブログ

香りの器~高砂コレクション~

『香りの器~高砂コレクション~』に行きました。

takasago1

2020年、創業100年を迎えた高砂香料工業が
長年にわたり収集してきた“香りの器”コレクションから
選りすぐりの約200点を展示されています。

takasago2

第1章「異国の香り」と第2章「日本の香り」に分かれていて、
その中で心に残ったものをふたつ選んでみました。


第1章「異国の香り」。
一番古いのは紀元前10世紀。
その頃は香りを油にうつした“香油”が主流だったため、
土器や陶器では油がしみ出てしまう・・・
そのため、石製のものが使われました。
ただ、彫るのは時間が大変かかったそうです。

takasago4
(※図録より・・・紀元前6-5世紀・キプロス)

キプロスでは、サイプレスが多く産出されたとの説明文から、
「この中にはサイプレスが入っていたのかも・・・」
香りを想像しながら、貴重なものがたくさん観れました。

第2章「日本の香り」。
昭和天皇即位の際、高砂香料工業が献上した12本の香水。

takasago5
(※図録より・・・1927年)

1年12ヶ月用で12種の香りを調合したものでした。
とても貴重なものを観させていただきました。

美術館「えき」KYOTOにて7月4日(日)まで開催中!

6年半前のルネ・ラリック展以来でした。
コロナ禍でチェックもしてなかったけど、
偶然駅にあったチラシで知りました。

けど、残り2日しか無い・・・。
仕事の合間に強行で行ったけど、
とても素晴らしかったです。


◆ルネ・ラリック関連の以前の記事◆
〇『アール・ヌーヴォーの花園
○『サラ・ベルナールの世界展
○ 『ガレ・ドーム・ラリック展
○ 『ルネ・ラリック―香りと装いの美
箱根ラリック美術館
飛騨高山美術館
東京庭園美術館 『香水瓶の世界』

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
03 | 2024/04 | 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード