FC2ブログ

金胎寺 

金胎寺(こんたいじ)に行ってきました。

kontaiji9

675年、平城京の鬼門除けの祈願寺として、
神変大菩薩(役の行者)により開創され、
聖武天皇により伽藍が整い勅願寺となりました。
その後、722年、大澄大師(泰澄)が再興しました。

前回は時間の都合で、山門まで来てリタイヤしました。
今回は、さらに登って本堂へ行くことに!

kontaiji12

本堂(弥勒堂)と多宝塔。

kontaiji1

御本尊の木造弥勒菩薩(重文)は、醍醐寺に寄託されているそうです。

多宝塔(重文)

kontaiji2

1298年(永仁6年)、伏見天皇が退位後に出家し、建立されました。

多宝塔横から、さらに登ります。
標高682mの鷲峰山(じゅうぶざん)山頂に宝篋印塔(重文)があります。

kontaiji11

鷲峰山は、大和(奈良)の「大峰山(おおみねさん)」に対し、
“北大峰”と称される山岳信仰の霊地で、行場(ぎょうば)があります。

山門をくぐって、入山料(300円)を支払いましょう。

kontaiji10

行場めぐりされる方は、入山帳に入山時間を記入し、
終了後再度立ち寄り、終了時間を記入します。
行場めぐりの地図が置いてあります。
ご朱印(三種類)も、書き置きしてあります。
(※初穂料300円)

kontaiji3

行場めぐりは2時間ほどかかるようです。
午前中には山門に入らないといけませんね。

kontaiji7

不動明王さまにも祈願しましょう!

本堂わきの小高い丘には、行者堂があり、
9月の第一日曜日に護摩法要が行われます。

kontaiji15

偶然、住職さんが来られていて、色々お話を聞く事ができました。
伏見から通われていて、維持管理して行くのが大変だそうです。
とても素敵なところなので、また訪れたいと思います。
行場めぐりは考え中です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード