FC2ブログ

漢方の救急箱を常備しよう

薬日本堂 漢方スクールのワンデーセミナー
『漢方の救急箱を常備しよう』に参加しました。

齋藤先生の人気講座。
前回は満席で参加できず・・・
今回は仕事の合間に強行参加することに!

まずは、漢方薬のお勉強。

kusuribako1

初心者にもわかりやすいように、
五行ではなく、陰陽で考えました。

乾いた咳なのか、痰が絡む咳なのか・・・
鼻が詰まるのか、流れるのか・・・色は?
症状を考えながら、漢方薬を選びます。

風邪の引きはじめ、
どんな症状かで、選択を変えなければいけません。

「葛根湯」「麻黄湯」・「柴胡桂枝湯」・「銀翹散」
「五虎湯」・「麦門冬湯」・「竹茹温胆湯」・「小青竜湯」

選択を間違えると、副作用が出るので、
注意が必要です。

先生の薬箱

kusuribako2

漢方薬・軟膏・のど飴・トッピング(お茶などに入れる漢方)など。
参考にしながら、自分だったら何を入れるのかを考えます。

kusuribako6

“マイ救急箱”へのアイディアが次々浮かんできました。
ちょっとした不調から、緊急時にも使えるよう考えてみます。

最近は、漢方薬のコーナーが充実してますね♪

kusuribako7
(※某ドラックストアにて)

興味のある方は、次回参加してみてくださいね!


◆薬日本堂のセミナー◆
冬の漢方イベント2017
暮らしを彩るスパイス
日本の民間薬を学ぼう
水蒸気蒸留会とローション作り
漢方とお茶会

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード