FC2ブログ

糸のみほとけ

奈良国立博物館で開催されている特別展
糸のみほとけ~国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏~』へ行ってきました。

itonomihotoke1

「天寿国繡帳(てんじゅこくしゅうちょう)」、「綴織當麻曼荼羅(つづれおりたいままんだら)」、
「刺繡釈迦如来説法図(ししゅうしゃかにょらいせっぽうず)」の
国宝3点を一堂に拝むことができるというチャンスです!

itonomihotoke5
(※撮影可能スポット)


◆国宝「天寿国繡帳」(奈良・中宮寺所蔵)◆

会場を入って一番最初に目にする日本最古の繡仏です。
聖徳太子没後、往生した世界を繡帳に残したいと
妃の一人が推古天皇に願い出て完成させたといいます。

飛鳥時代と鎌倉時代(模本)のものが混在して一枚の掛物になっています。
鎌倉時代の部分は、茶褐色に色あせていますが、
飛鳥時代(7世紀)の部分は、色鮮やかに残っています!
技術の高さを物語っていますね。


◆国宝「刺繡釈迦如来説法図」(奈良国立博物館所蔵)◆

奈良時代(8世紀)。
刺繡の技法は、鎖繡(くさりぬい)を主に、釈迦の螺髪などには
相良繡(さがらぬい)が用いられていて、立体感を出しています。


◆国宝「綴織當麻曼荼羅」(奈良・當麻寺所蔵)◆ 

奈良時代(8世紀)、當麻寺の中将姫(ちゅうじょうひめ)の祈りによって、
蓮糸を使って一晩で織り上げたと伝えられる曼荼羅です。

約4メートル四方という巨大さに驚きました!

當麻寺 本堂(国宝)のご本尊です。

taimadera5

※8月26日(日)まで開催中!

場所 : 奈良国立博物館
時間 : 9:30~18:00、金・土は~19:00まで。(※いずれも最終入場は閉場30分前)
料金 : 1,500円

itonomihotoke3

その他、人の髪の毛で刺繍した梵字などには、少し恐さを覚えましたが、
見どころいっぱいで素晴らしいの一言です。
まだまだ暑いので、熱中症対策はお忘れなく!


鹿たちも暑そう・・・

牡鹿のつどい

itonomihotoke11

牝鹿

itonomihotoke8

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード