FC2ブログ

鴻池新田会所の薬箱(続)

『鴻池新田会所の薬箱(続)』に行ってきました。

鴻池家寄贈の薬箱。

konoike2

江戸時代の貞亭(17世紀末)~延亭(18世紀中頃)と
明治10年(1877)頃の漢方薬が収納されています。

“みいら”・・・何のミイラか気になります。

konoike3

昔と今の薬の違いを多くの人に見てもらう事を目的に
貴重な資料を公開されたそうです。
(続)なので、前回もあったのですね!

konoike4

文政十年(1827年)の入日記と紙包に入れられた薬の展示。

konoike5

フグ毒消

konoike6

丸薬5粒を真綿で包んでありました。

疔付薬(ちょうふやく)

konoike7

貝(アサリ)に軟膏を詰めたものです。

混元丹(こんげんたん)

konoike8

牛黄丸(ごおうがん)

konoike9

未開封だそうです。

一粒金丹(いちりゅうきんたん)

konoike10

アヘン・オットセイ(海狗腎)・龍脳・麝香・・・
どんな香りかとても気になります。

産前産後薬

konoike11

特に産後の用法が詳しく書いてあるそうです。
薬の種類によって、薬包紙の包み方の違いなども面白いです。

本当、貴重な資料でした。
達筆で読めないけれど、一つずつ説明書きがあって
とてもわかりやすかったです。

会場となった国史跡 重要文化財 鴻池新田会所も素敵なところです。

konoike1

~7月16日(祝)まで開催中!
(※月曜日休館)
時間 : 10時~16時
入館料 : 300円

※JR学研都市線鴻池新田駅~徒歩5分。


鴻池家とは・・・
戦国時代の武将 山中鹿之助の息子 新六を始祖とする商家です。
伊丹の北にある鴻池の地で酒造業を始め、鴻池家と名乗りました。
濁酒が主だった時代に清酒を造り、それを馬で江戸に運んで商売を広げ、
やがて西国や江戸を結び米などを運ぶ海運業に続き、
両替商や大名貸しを行って、莫大な富を築きました。
その後、鴻池新田を開発し、経営に苦労した三代目善右衛門宗利は、
家訓で両替商以外の商売を禁じたといわれます。
文政期(1818~29年)長者番付の筆頭にあげられるほどになりました。
(※パンフレットより)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード