FC2ブログ

サフラン

『サフラン』。

最も高価なスパイスのひとつで、
1g収穫するのに、150本以上の花が必要です。

開花期は約2週間。
先が3本に分かれた赤い雌しべ部分だけを
開花直後に手で摘まなければなりません。
気の遠くなる作業ですね。

saffron
(※奈良県薬事研究センター薬用植物見本園にて。記事はこちら→

パエリヤやブイヤベースなどの色&風味付けのスパイスとしても知られます。

クレオパトラは、染めた鮮やかな黄色の衣装がお気に入りだったとか・・・。
古くから「婦人病のハーブ」と呼ばれ、女性にうれしい効能がいっぱいです。

血行を促進させ、血液サラサラ効果が期待でき、
冷え症や生理痛の改善に役立つといわれます。
肘や肩のしびれなどにもいいそうです。
また、精神を安定させ、イライラによる不眠改善、
記憶力の改善などの効果も得られるようです。

saffron1

黄色色素のカロチノイドは「クロシン」で、
脂溶性でなく水溶性であるのが特徴です。

高価ですが、少量でも効果を発揮してくれるそうです。
ただ、偽物がとても多いのだとか・・・
特に「サフランパウダー」には注意が必要で、
雄しべも入っているかもしれません。

おすすめは、5~10本にお湯を注ぐだけの「サフランティー」。

saffrontea

精油(サフラナール)のほのかな香り♪
(※通経作用があるため、妊娠中は控えること。多量に服用しないこと。)


おまけ・・・
地区イベントでの雑談の中、先生から教えてもらった
“サフランのチンキ”を作ってみました。

saffron2

美肌効果も期待できるかも!?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード