fc2ブログ

パフューム~ある人殺しの物語~

『パフューム~ある人殺しの物語~』。

18世紀パリ、悪臭漂う街で生まれたグルヌイユは、
生まれつき驚異の嗅覚を持っていました。
ある日、とても素晴らしい香りの持ち主の赤毛の少女に出会ったことで、
究極の香り探しの物語が始まります。
(※以下ネタバレあり。)

perfume1

人との接し方を知らないグルヌイユは、少女を殺してしまい、
香りが永遠に無くなる事を知るのでした。

★「香りを再現したい!」。

新しい香りを作り出せずにいた調香師バルティーニは、
一度嗅いだ香りを再現できるグルヌイユを気に入り、
弟子入りを許可し、香水の製法を一から教えます。

ここでは、たくさんの香料の名前が出てきて、
“水蒸気蒸留法”を観ることができます。

★「もっと、究極の香りを再現する方法を知りたい!」。

香水の街・グラースでしか学ぶことができず、
“職人証明書”が無いと無理なことを知ります。
調香師バルティーニは、
100の香水レシピを残してくれたら書くことを約束します。
グルヌイユにとっては、超簡単なことでした。

グラースは、悪臭に満ちたパリとは違い、
青い空、風、草花・・・
ここでは、“油脂吸着法”を観ることができます。

★「香りを永遠に保存したい!」。

赤毛の少女と同じような香りを持つローラに出会い、
過ちを犯していくことになります。

果たして、究極の香りとは・・・?

perfume2

調香師バルティーニに、ダスティン・ホフマン、
ローラの父には、名優アラン・リックマン。

究極の香りとはどんなものだったのだろうか・・・
賛否両論のある映画のラストでお楽しみください♪


原作は、世界中で1500万部のベストセラー作品
『香水~ある人殺しの物語~』。

perfume3

テーマは“匂い”。
悪臭に対しては、生々しいです。
たくさんの種類の精油も出てきて、
アロマ的に楽しむことができますよ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
03 | 2024/04 | 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード