伝香寺

伝香寺に行ってきました。

天平時代、鑑真和上の弟子・思託律師によって創建された「實圓寺」を
戦国時代、筒井順慶法印(大和筒井城主、後に大和郡山城主)の
香華院として、母・芳秀尼が再興しました。

本堂(重文)

denkouji1

香華の絶えないことを願って、「傳香寺」と改名したそうです。

denkouji2

江戸時代、唐招提寺と伝香寺の住職をされていた宝静長老は、
椿の愛好家で、「奈良三名椿」を愛でたといわれます。

奈良三名椿のひとつ『散り椿』。

denkouji5

色まだ盛んな時に、桜の花びらのように散る椿で、
その潔さを順慶法印になぞらえ「武士(もののふ)椿」とも呼ばれます。

denkouji6

花弁は18枚、八重蓮華咲き。
とても美しい椿でした♪

通常は一般公開されていませんが、
3月12日「本堂特別開扉」と7月23日「地蔵菩薩衣更法要」の年2回、
椿の開花時期となる3月の日祝日のみ一般公開されています。

JR奈良駅または近鉄奈良駅~徒歩10分。

denkouji4

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
04 | 2018/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード