良弁椿

修二会に欠かせないお供え物のひとつに「椿の造花」があります。
染色史家 吉岡幸雄さんが奉納する和紙によって作られます。
(※以前の記事はこちら→

開山堂(国宝)の『良弁椿』。

norikoboshi4

椿の造花を作る際、糊をこぼしてしまい、
花びらに白い斑点がある“良弁椿”にその様が似ていたことから、
別名「糊こぼし椿」と呼ばれます。

開山堂は非公開なので、四月堂から覗いていると・・・
「今年は開花が遅れていて、残念でしたね。
これからどんどん咲くから、また観においでください!」と
お声をかけていただきました。

norikoboshi5

また観に行きたいと思います♪


おまけ・・・
修二会期間のみ販売されるお菓子「糊こぼし」。

norikoboshi1
(※もちいどセンター街、萬々堂通則さんにて。)

早春のめでたい椿の花を形取ったお菓子は、
縁起ものでもあり、贈答品としても大人気です。

norikoboshi2

上品な甘さで、口の中で溶けてなくなりました。

二月堂ご本尊で絶対秘仏の「十一面観世音菩薩」に
お供えする「椿の造花」。

nori
(※画像お借りしました。)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
04 | 2018/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード