fc2ブログ

沙棗

『調香師の手帖』という本に出会いました。
著者は、資生堂でチーフパフューマーを務めておられた方です。

その中に“香妃と沙棗”のエピソードがあります。

『中国(清)の香妃は、
からだ全体からかぐわしい香りを発し、
皇帝に求愛されながら、
若くして命を絶った悲劇のヒロイン。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
香妃の体臭になぞらえられた沙棗とは、
エステル様の強く甘い果実の香りを伴い、
くせのある動物臭がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
沙棗の香料とフェロモン様成分を配合し、
誕生した私たちの香水“SASO”。』

むかし我が家にもあった“myth of SASO”。
ミスとは、『神話』という意味。
なるほど~納得です。

saso

香妃のエピソードからピンときたのが、
『パフューム』という映画です。

舞台は18世紀フランス。
主人公は究極の香り(フェロモン)を求めて、
殺人を繰り返します。

好きなジャンルの映画ではありませんが、
アロマの部分ではいろいろ楽しめますよ♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
03 | 2024/04 | 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード