フランキンセンス

『フランキンセンス(乳香)』は、
“真のお香”という意味です。

新約聖書の“イエス・キリストの誕生物語”で、
東方の三賢人がキリスト誕生時に捧げた香りのひとつです。

古代エジプトでは、乳香の香りは神との交信手段であったようです。
香りを煙で燻らせる“薫香”という方法で、
神に香りを捧げていたそうです。
その様子は、エジプトの遺跡に数多く残されていて、
壁画やヒエログリフ(古代エジプト文字)に描かれています。

薫香スタイルで♪

frankincense

今でもカトリックの礼拝には欠かせない香りです。
精神を鎮めることから、ヨガや瞑想にもよく使われます。

精油は、呼吸を楽にし、老化肌に働くといわれているので、
アロマディフューザーでの使用もおすすめです♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード