薬草の博物誌~森野旧薬園と江戸の植物図譜~展

『薬草の博物誌~森野旧薬園と江戸の植物図譜~展』に行きました。

LIXIL1

徳川吉宗(8代将軍)が、「享保の改革」のひとつとして、
国産漢方薬(生薬)の奨励に乗り出した際、
本草学に秀でた森野藤助(賽郭)を抜擢しました。
1729年(享保14年)に、国内で唯一の私設の薬草園(日本最古)
『森野旧薬園』を開設しました。
(※森野旧薬園の記事はこちら→。)

賽郭が晩年完成させた『松山本草』(全10巻)は、
約260年もの間、門外不出だった森野家の家宝です。
植物だけでなく、動物も含めた約1000種類の図録です。

matsuyama1
(※森野旧薬園にて)

レプリカの展示と生薬の見本に心動かされました!
画像をデータ化し、iPadが展示されていて、
今時だな~って思いつつ、欲しくなる自分・・・

江戸時代からの植物図譜(11種)、植物図(70点)の展示など、
幸運にも、朝一で貸し切り状態で観られました。
いずれも素晴らしかったです♪

LIXILギャラリー(大阪)にて、~2月16日(火)まで開催中!
10:00~17:00(※水曜日休館)
入場無料ですよ!

LIXIL2


◆植物図譜◆
1596年刊 『本草綱目』(李時珍)
1709年刊 『大和本草』(貝原益軒)
1755年刊 『畫本野山草』(橘保国)
1759年刊 『花彙』(小野蘭山)
1763年刊 『物類品隲』(平賀源内)
1830年刊 『本草図譜』(岩崎灌園)
1842年刊 『古方薬品考』(内藤尚賢)
1849年刊 『本草綱目啓蒙図譜』(服部雪斎)
1856年刊 『草木図説』(飯沼慾斎)
明治初期刊 『草木花実写真図譜』(川原慶賀)
1841‐73年 彩色植物図(関根雲停)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード