屠蘇散

『屠蘇散(とそさん)』。

新年の始まりに、新陳代謝を活発にし、
長寿をはかる意味で処方される漢方薬です。
9世紀初め、中国から日本に伝わったといわれます。

tososan

屠蘇散を清酒やみりんに一晩浸けて作ったものを
『お屠蘇(屠蘇酒)』といいます。

◆生薬と効能 ◆
○白朮(ビャクジュツ)
利尿作用、健胃作用、鎮静作用

○山椒(サンショウ)
健胃作用、抗菌作用

○桔梗(キキョウ)
鎮咳去啖作用、鎮静・沈痛作用

○肉桂(ニッケイ)
健胃作用、発汗・解熱作用、鎮静・鎮痙作用

○防風(ボウフウ)
発汗・解熱作用、抗炎症作用

○陳皮(チンピ)
抗炎症・抗アレルギー作用、健胃作用、鎮痙作用

普段でもハーブティーや薬用酒として飲むと、
風邪予防に良さそうですね♪

冬ぼたん 寒ぼたん

当麻寺 奥院で冬ぼたん祭りが開催中です。
(※2014年12月15日~2015年1月末まで。)

fuyubotan1

情報では、咲き始めとなっていましたが、
大きな冬ぼたんが咲いていました!

fuyubotan2

冬ぼたんとは、人工的に温度調節して、
冬に咲かせるぼたんのことをいいます。
春ぼたん同様、葉っぱも青々としていて、
華やかな雰囲気です。

fuyubotan3

冬ぼたんを観た後は・・・
1kmほど離れたところにある石光寺に行きました。

こちらでは、寒ぼたんを観ることができます。

kanbotan1

寒ぼたんとは、自然に時期が来れば咲く
冬咲きぼたんです。
花自身が寒さ対策しているので、
葉っぱがほとんどなく、茎が短いのが特徴です。

kanbotan2

見頃は、12月中旬頃らしいですが、
1月初旬頃まで楽しめるようです。

まだまだ蕾のものもありました。

kanbotan3

花の寺にふさわしく、お花が色々咲いていました♪

寒あやめ

kanbotan4

水仙

kanbotan5

山茶花

kanbotan6

當麻寺 中之坊

當麻寺 中之坊に行ってきました。

taimadera2

中将姫の守り本尊である十一面観音は、「導き観音」と呼ばれ、
特に女性の健康を守るといわれます。

taimadera3

大和三名園のひとつ「香藕園(こうぐうえん)」は、
東塔を借景とした桃山期の名庭です。

taimadera4

順路の最後には、ぼたん園があり、
春にはたくさんのぼたんが咲きます。

また、天平時代の三重塔(双塔)が現存している
全国で唯一のお寺です。

奥院からは、東西両塔が観られます。

taimadera6
(※奥院は別料金です。)

拝観時間 : 9時~17時
拝観料 : 500円

※近鉄南大阪線当麻寺駅下車~徒歩15分。
PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
11 | 2014/12 | 01
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード