FC2ブログ

樹木図鑑

『樹木図鑑』。

jyubokujiten1

とある山の駐車エリアで、切られた枝(伸びたところを伐採していた)から、
何だかいい香りがしました。

kuromojieda3

今まで何回か来ているのに、全く気付いていなかったけど、
「この香りは・・・もしやクロモジ!?」・・・???

kuromojieda2

「これ何の木やと思う?」

「調べてみたら?」

ということで、この図鑑が役に立ちました!

葉っぱの裏と表が載っています。

jyubokujiten2

原寸大のものもあれば、縮小されたものもあります。
クロモジは80%縮小でした。

まだまだ摘み菜初心者なので、花が咲かないと分からないレベル。
来年の春にはクロモジの花を観に行こうっと♪

「前にもらっているのにね!」(心の声)

kuromojicha4
(※以前の記事→クロモジ茶クロモジ


おまけ・・・
「クロモジ」の精油との出会いは、
大好きな精油「ローズウッド(紫檀)」が手に入らなくなり、
代わりに使ったのが始まりです。

香りと光沢が素晴らしく、高級家具や楽器にも使われます。
中国人の需要が増えたせい!?違法伐採が後を絶たず・・・
ワシントン条約の絶滅危惧種に指定されました。

植樹してから精油が採れるようになるまで、20年以上かかるそうです。
報道されなくなった“アマゾン火災”も気になるところです。
あの幸せな香りは・・・(涙)

生活の木でも、ローズウッド(木)→ローズウッドリーフ(葉)に変更しています。
(※以前の記事はこちら→

「サンダルウッド(白檀)」もインド政府が伐採&輸出規制をかけているので、
「サンダルウッド・オーストラリア」という精油が出来たほどです。
(※以前の記事はこちら→

限りある資源を大切に!

ツバメのねぐらマップ

『ツバメのねぐらマップ』。

tsubameMAP1

ツバメは巣立った後、日中は餌取りと飛ぶ練習をします。
夜になると“よし原”で集団でねぐらを作るそうです。

日本野鳥の会主催で全国各地で観察会が開催されています。

tsubameMAP2

日程の都合で行けなかったけど、来年は行きたいです。

七十二候の一つ「玄鳥去(つばめさる)」。

我が家のツバメたちは、去ったかな・・・
しばらく寂しくなるけど、来年も楽しみに待っています♪
(※来年は定点カメラを設置するらしい・・・)


おまけ・・・
あなたもツバメ子育て応援団のつづきです。

tsubame2019-8-1
(8月9日)

まん丸の目が開き、窮屈になってきました。

tsubame2019-8-2
(8月13日)

8月21日巣立ちの日を迎えました。

2羽巣立ち(8月20日)、翌日2羽巣立ちました。
一番小さい子は残されたのか心配になったけど、
親鳥が迎えに来て、午後に巣立ちました。

tsubame2019-8-3

三日後・・・3羽戻って来た!

tsubame2019-8-4
(8月24日)

仲良し♪

tsubame2019-8-5
(8月25日)

さらに2羽戻って来て、全員集合!

tsubame2019-8-6
(8月28日)

そこからず~っと夜帰って来ては早朝出て行く毎日。
カラス除けに付けた木枠が、止まり木の様になり(親鳥も利用していた)
“よし原”より居心地が良い(!?)からか・・・まぁ安全ですよね。

「いつまで帰ってくるのかな?大丈夫かな?」って言っていたら、
2羽巣立ち3羽に!
そして、9月11日全員巣立ちました。

ところが・・・
あかん!1羽だけ戻って来てる!

tsubame2019-8-7

次の日も、次の日も・・・
一人ぼっちです。
はぐれたのか、とても心配です。

あんなに寂しかったのに、早く巣立ってほしい!と思うようになりました。
結局、そこから5日経ち、ようやく巣立ちを迎えました。

最初の巣立ち(8月21日)からちょうど4週間!
南の国へGO!

野鳥の会への報告と記録のために記事にしましたが、
夏休みの自由研究のようで楽しかったです。

おしまい

あなたもツバメ子育て応援団

『あなたもツバメ子育て応援団』。

tubame2019

日本野鳥の会
の「消えゆくツバメをまもろうキャンペーン」で、
“ツバメ子育て応援団”の一員となりました。

今年もツバメがやって来ました。

tubame2019-2
(5月20日)

無事5羽誕生!

tubame2019-3
(6月17日)

子育て真っ最中!

tubame2019-1

だったのですが・・・、
ある日、カラスと闘っているツバメ夫妻を発見!

嫌な予感は的中しました。
次の日、朝は元気な姿を確認し、
ほんの数時間出掛けて戻ると、
ツバメの巣が跡かたも無く、無くなっていました!
(6月28日)

ツバメのつがいは旋回しています。
2~3日後、せっせと巣のリフォームを始めました。

今度は守ってあげないと!

野鳥の会にメールして、このハウツー本を手に入れました。

ツバメが巣作りをお休みするであろう雨の日を見計らって、
巣が落ちないように、台を設置。

tubame2019-4
(7月11日)

蹴り落とされないよう、ネットを貼り、
カラスの嫌いなキラキラを付けました。

tubame2019-5

次の日、何度か来るものの、警戒していましたが、
2~3日後、ふと見ると、メスは巣の中に、
オスは止まり木の様に止まっていました。

tubame2019-6
(7月15日)

さらに、横からも入れないよう、囲いました。

tubame2019-7
(7月23日)

私は、キラキラ付けたり、はしごを支えたりしただけですが・・・
ツバメが気に入ってくれたようで、とても嬉しいです♪

いい感じです♪

tubame2019-8

これで一安心!

生まれていました♪

tubame2019-9
(8月7日)

1日に100回以上、えさを運ぶ親鳥は大忙しです。
頑張れツバメたち♪

ほんの気持ちだけの寄付に、立派なお礼をいただきました。

tubame2019-0

ず~っと、応援団&見守り隊になります!


おまけ・・・
陶芸の森にもツバメがいっぱい!

tubamesu-2

数えたら、40個くらいありました。

tubamesu-3

なんだか巣の形が違う・・・とっくり型!?

tubamesu-1

集団で巣作りし、子育てする“イワツバメ”だそうです。
PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード