なにわの伝統野菜飴

『なにわの伝統野菜飴』。
田辺大根フェスタでのもうひとつの収穫です♪

地元商店街が色々なブースを出していましたが、
その中に見付けました!

飴の豊下(十八屋弥兵衛)さんのブース。

komagawa4

昨年の『田辺大根スクール』で行われた「大根の目方当てコンテスト」で、
優勝した際にいただいた“田辺大根飴”があまりにも美味しかったので、
再び出会えてうれしかったです♪

komagawa5

天王寺蕪・田辺大根・勝間南瓜・金時人参・毛馬胡瓜・・・
いっぱいあって悩みます。
(※なにわ伝統野菜についての以前の記事はこちら→

その全てが入っている「なにわの伝統野菜飴」に一目惚れ♪

komagawa6

それぞれの野菜の搾り汁が入っていて、
それぞれの野菜の形になっています。
抹茶などで色付けし、ひとつひとつ手作りされています。
タイミングによっては、購入できない場合もあるそうです。

食べるのがもったいない!
大切に味わいたいと思います♪

くちなしジャム

NHKの趣味の園芸の初夏6月頃のテーマだった
「香りだけじゃない!クチナシ」。

その中で『くちなしジャム』というものを作っていました。
少し思い出して作ってみることに!

kuchinashi jam2

<レシピ>
くちなしの実  2個
サツマイモ   2本
リンゴ      1個
レモン汁
グラニュー糖(サツマイモの半量)

くちなしジャムと言うより、サツマイモのジャム!?。
色付けすると“栗きんとん”ですね。

kuchinashi jam1

少し食感を残すためリンゴは粗潰しにしました。

くちなしの実。

kuchinashi1-1

収穫して乾燥させて、2年間保存可能だそうです。

ちなみに、一重咲きの花にしか実は生りません。

kuchinashi1-2

漢方では、気持ちを鎮め、血圧を下げるといわれます。

こみつりんご

『こみつりんご』をいただきました♪
生産者が少なく、“幻のりんご”とも呼ばれます。

蜜の多さと美味しさに定評があった“小玉りんご”ですが、
多くの生産者が“大玉りんご”にしようと試行錯誤した結果、
作業効率の悪さから、生産者が2名になってしまったといいます。
(※数量限定で11月~市場に出回るそうです。)

「必ず輪切りにして皮ごと食べてね!」って言われ、
切ってみると・・・蜜がいっぱいでした!

komitsu

糖度14%!
ジュクジュクしてなくて、とても美味しくいただきました。
何よりも香りが素晴らしかったです♪

今が旬のりんご・・・
ミネラルやフィトケミカルが豊富に含まれ、
昔から「1日1個食べて医者いらず」といわれます。
香りと共に楽しみたいですね♪
PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード