岡寺(仏足石)

岡寺に行ってきました。

okadera1

天智天皇の勅願により、義淵僧正が建立したといわれます。
西国観音霊場第7番札所で、日本最初の厄除霊場としても知られます。

okadera4

ご本尊は、「如意輪観音坐像(重文)」。
高さ4.85メートル日本最大級の塑像(土でできた)は、
インド・中国・日本の3国の土を使って造られたそうです。
特別開扉中(5月31日まで)のため、間近で全身を拝むことができます。

「龍蓋池」。

okadera2

義淵僧正が法力で、村人を苦しめていた龍を、
池に閉じ込めて蓋をしたという伝説から、
正式名称は「東光山 龍蓋寺(りゅうがいじ)」といいます。

龍蓋池の上に「十三重石塔」がそびえ、奥の院へと続きます。

okadera5

入ってすぐ右手に、「仏足石」があります。

okadera7

文様は“千輻輪相”のみです。

okadera8

「奥の院 弥勒堂」。

okadera3

石窟の奥に、弥勒菩薩が祀られています。
とても神秘的でした!

住所 : 明日香村岡806
拝観時間 : 8時~17時
入山料 : 400円


おまけ・・・
境内には3,000株の石楠花があり、見頃を迎えています。

okadera9

例年より10日程も早いそうです。
あいにくの雨模様でしたが、とてもキレイでした♪

okadera11

300株の牡丹も咲き始めていました。

okadera10

岩間寺(仏足石)

岩間寺に行ってきました。

iwamadera14

標高443mの岩間山中腹に位置し、
正式名称を「岩間山 正法寺」といいます。
西国観音霊場第12番札所、近畿十楽観音霊場4番札所です。

うっすら雪化粧でした♪

iwamadera13

“ぼけ封じ観音”の前に佛足石があり、
近畿十楽観音の砂が納められているそうです。

iwamadera1

雪が積もっていました!

iwamadera2

雪を払ってみると、下から現れました♪

iwamadera3

佛足石に乗ってお参りすると、ぼけを封じてくれるのだとか・・・。

iwamadera4

養老6年(722)、元正天皇の勅願により、
加賀白山を開いた泰澄大師が開基したといわれます。

iwamadera12

「夫婦桂(ご本尊出現の霊木)」。

iwamadera7

ご本尊は、毎夜日没とともに厨子を抜け出て、
百三十六地獄を駆け巡り、苦しむ人々を救済し、
日の出に戻って来る際には、汗びっしょりになられているお姿より
「汗かき観音」と呼ばれます。

境内の真ん中に、一際目立つ銀杏の木があります。

iwamadera5

樹齢450年の「火伏の大銀杏」。

iwamadera6

雷難や火難から守ってくれる神様が住んでいらっしゃいます。
あらゆる災いを避けてくれるそうです。

「芭蕉の池」。

iwamadera10

「古池や 蛙飛び込む 池の音」が生まれた地です。

iwamadera9

池の向こうには、観音様がいっぱいです。

iwamadera11

住所 : 滋賀県大津市石山内畑町82
拝観時間 : 9時~16時30分
入山料 : 500円
※無料駐車場あり。

13番札所の石山寺からほど近く、
皆さんセットで西国巡礼されるようですね。
私は、石山寺には二度行っているのですが、
岩間寺は今回初めてでした。

とても、静かで素敵なところでした♪
盛りだくさんでした!
また違う季節に来てみたいです。


おまけ・・・
2014年6月、ブログには書いていなかった石山寺です。

ishiyamadera

海住山寺(仏足石)

海住山寺(かいじゅうせんじ)に行ってきました。

kaijyusenji1

天平7年(735)聖武天皇の勅願により、
東大寺の良弁僧正が開基した観音寺といわれます。
1137年に焼失、1208年に再建されました。

kaijyusenji4

本堂の十一面観音菩薩像(重文)他、
すべて間近で拝観できます。
お姿は美しく、いずれも素晴らしいの一言!

その中に、仏足石(金のプレート)があり、
さらにテンションが上がりました。

本堂脇にも仏足石を発見!

kaijyusenji7

こちらは銀のプレートです。

kaijyusenji8

鎌倉時代創建の五重塔(国宝)目当てに
来られる方も多いそうです。

kaijyusenji2

裳階を持つ五重塔は、法隆寺(飛鳥時代)と海住山寺のみです。
また、室生寺に次いで、二番目に小さいことでも知られます。

事前に何も調べずに来たので、すべてに感動しました!
恭仁京跡を見下ろす南山城に位置し、
急勾配で運転手が大変でしたが、
静かで空気も澄んでいて気持ち良かったです♪

住所 : 京都府木津川市加茂町例弊海住山20
拝観時間 : 9時~16時30分
入山料 : 100円
本堂拝観料 : 400円(入山料含む)


おまけ・・・

境内には、こんなのもありました!

kaijyusenji5

「なすのこしかけ」

kaijyusenji6

茄子の花は一つの無駄もなく実を結び、
「成す」と語呂が同じということから、
努力が報われ、願いが叶えられるという
縁起を含んでいるそうです。
PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード