花祭り(仏生会)

お釈迦さまのお誕生日(4月8日)に行われる『花祭り(仏生会)』。

東大寺では、朝8時から法要(約1時間)が始まるということで、
早起きして行ってきました。

hanamatsuri2

法要後は、大仏殿正面に設置された花御堂の釈迦誕生仏に
柄杓で甘茶を潅ぎます。

hanamatsuri3

花御堂の本体は緑の杉葉で覆われ、馬酔木と椿の花で飾られています。

hanamatsuri5

終了後、参拝者には甘茶が振る舞われました。

hanamatsuri6
(※仏生会について→東大寺のHP。)

あいにくのお天気でしたが、桜は満開でした♪

hanamatsuri1

終わるころには、観光バスが次々と到着。
本日初日の『快慶展』は諦めて、またの機会に♪

hanamatsuri8

快慶作といわれる東大寺南大門の金剛力士像(阿形像)はしっかり拝みました。

hanamatsuri9

海住山寺(仏足石)

海住山寺(かいじゅうせんじ)に行ってきました。

kaijyusenji1

天平7年(735)聖武天皇の勅願により、
東大寺の良弁僧正が開基した観音寺といわれます。
1137年に焼失、1208年に再建されました。

kaijyusenji4

本堂の十一面観音菩薩像(重文)他、
すべて間近で拝観できます。
お姿は美しく、いずれも素晴らしいの一言!

その中に、仏足石(金のプレート)があり、
さらにテンションが上がりました。

本堂脇にも仏足石を発見!

kaijyusenji7

こちらは銀のプレートです。

kaijyusenji8

鎌倉時代創建の五重塔(国宝)目当てに
来られる方も多いそうです。

kaijyusenji2

裳階を持つ五重塔は、法隆寺(飛鳥時代)と海住山寺のみです。
また、室生寺に次いで、二番目に小さいことでも知られます。

事前に何も調べずに来たので、すべてに感動しました!
恭仁京跡を見下ろす南山城に位置し、
急勾配で運転手が大変でしたが、
静かで空気も澄んでいて気持ち良かったです♪

住所 : 京都府木津川市加茂町例弊海住山20
拝観時間 : 9時~16時30分
入山料 : 100円
本堂拝観料 : 400円(入山料含む)


おまけ・・・

境内には、こんなのもありました!

kaijyusenji5

「なすのこしかけ」

kaijyusenji6

茄子の花は一つの無駄もなく実を結び、
「成す」と語呂が同じということから、
努力が報われ、願いが叶えられるという
縁起を含んでいるそうです。

離宮八幡宮

離宮八幡宮に行ってきました。

rikyu1

石清水八幡宮の元社で、
後に祭神は、男山(八幡市)に移され、
名称が変更となりました。
嵯峨天皇の離宮(河陽宮)跡にあったことから、
「離宮八幡宮」と名付けられたそうです。

rikyu2

石清水八幡宮の燈籠が残っています。

rikyu4

石清水(井戸)も残っています。

rikyu10

清らかな水も有名ですが、
日本で唯一の「油の神様」としても有名です。

油祖像

rikyu6

平安時代末期に、荏胡麻(えごま)から油を搾る道具を
発明したことが由来です。

rikyu3

全国油脂販売店標識

rikyu7

社務所前には、荏胡麻が育てられていました!

egoma

授与品として、御神油(えごま油)や種子もあります。

境内拝観自由(※社務所は9時~17時まで。)
※JR京都線山崎駅下車すぐ。


おまけ・・・

山崎駅のベンチは、サントリー山崎蒸留所より、
ウイスキーの樽を再利用したものでした。

rikyu9
PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード