人生フルーツ

『人生フルーツ』を観ました。

アンコール上映会でようやく足を運ぶことができました。
久しぶりのナナゲイ(第七藝術劇場)!

koharu3

元々は、本の大ファンだったので、
映像化されるということを知り、
あの素敵な生活を垣間見れると思うとワクワクしました!

津端修一さん90歳、英子さん87歳の
風と雑木林と建築家夫婦の物語。
(※以下ネタばれあり)

koharu1

修一さんは建築家。
「高蔵寺ニュータウン」の設計を任されたのがきっかけで土地を購入し、
自身も師事していた尊敬するアントニン・レーモンドの自邸を真似た
30畳一間の平屋建て、丸太小屋を建てました。

敷地には雑木林を作り、
季節に合わせた野菜(100種)や果物(50種)を育てています。
肉や魚、足らずの野菜を求めて、英子さんは月に一度、
バスと電車を乗り継いで、買い出しに出かけます。

朝食は、修一さんは和食、英子さんは洋食(トースト)。
じゃがいもは、修一さんは大好物、英子さんは大嫌い。
お互いが無理しないことが一番大切で、
今までけんかした事は、一度も無いそうです。

本では、「わたし大雑把なの」ってよく出てくる英子さん。
(※大雑把にはみえませんが。)
修一さんはまじめで几帳面。

得意な事を楽しみながらうまくカバーし合い、
出来ないこともゆっくり時間をかけて工夫する生活は、
思いやりに溢れています。
孫のはなこさんの存在も大きいですね。

koharu4

後世に残る自然・・・
はげ山だった裏山を「どんぐりで緑いっぱいの山へ!」と
地域住民に呼びかけたのが1972年。
今では、緑豊かな山へと変身しています。

平成27年6月修一さん死去、享年90歳。
最後は、いつものように昼寝したまま永眠されました。

「おいしいものをもっとたくさん作ってあげればよかった」・・・
英子さんの言葉と、毎朝朝食を作って供える姿、
また、少し荒れたお庭が映し出されました。

「風が吹けば、枯れ葉は落ちる。
枯れ葉が落ちれば、土が肥える。
土が肥えれば、果実が実る。
こつこつ、ゆっくりと。
人生、フルーツ。」

心に響く素敵なドキュメンタリー映画でした。

ひとりになってしまった英子さんのその後を描いた本が
2017年秋に発売予定だそうです。

koharu2

グリーン・カード

マキネッタで思い出したのが・・・
我が家のDVDコレクションのひとつ『グリーン・カード』。
1990年のアメリカ映画です。

舞台はニューヨーク。
独身入居不可の温室付きアパートを借りたいブロンディーと
永住権が欲しいフランス人ジョージは、お互いの有益のため偽装結婚をします。
書類上だけの夫婦のはずが、移民局が入り、面接に備えて一緒に住むことに・・・。
(※以下ネタばれあり)

greencard

主人公は園芸家のブロンディー。
アパートの温室は前の住人が手入れを怠ったため、
とてもかわいそうな状態なのですが、
あっという間に素敵な温室へと生まれ変わっていきます。
(※『マイ イングリッシュ ガーデン』とは大違い!)

ベッドカバーやクロス、食器などに植物があしらわれていて、
インテリアも素敵です♪

冒頭、壁に掛っていた絵に、植物と金魚が描かれていて、
その絵をぼ~っとみてるジョージ。
移民局の審査に落ちた二人が、同居を始める時、
手土産は花ではなく、金魚でした。

ジョージは植物に全く関心がなく、
研究のために植えている植物を勝手に引っこ抜き、
野菜の苗を植えます。

温室内で植物の緑と金魚の赤、たわわに実ったトマトの赤、
同じく温室内で飼われているラブバードの色合いにも癒されました♪

コーヒーのシーンも印象的です。
やたらにコーヒーを飲みたがるジョージ。
出されたコーヒーはまずい上、カフェインレスだといわれ、
「本物のコーヒーを飲ましてやる!」と言って、
手荷物から“マキネッタ”とコーヒー豆が出てきます。

手荷物ひとつでやってきたその中に入っているというのは・・・
こだわりでしょうね。

macchinetta20

ジョージ演じるジェラール・ドパルデューの表情がくるくる変わって、
とてもかわいく見えます。
アンディ・マクダウェルと二人の魅力満載の映画でした。

マイ ビューティフル ガーデン

マイ ビューティフル ガーデン』を観ました。

主人公ベラは、生後間もなく公園に捨てられた天涯孤独な女性。
何にでも秩序を求め、自分なりのルールを決めて暮らすことで、
自分らしさを保っていました。
(※以下ネタばれあり)

beautifui garden3

ベラは、幼い頃のトラウマから、植物を異常に恐れ、
庭の手入れが全くできません。
ある日、家主から「荒れ放題の庭に苦情が出た」と言われ、
契約書に基づき、退去通告を受けます。
猶予期間は1ヶ月!

植物をこよなく愛する隣人アルフィーもまた、孤独な偏屈老人。
二人の間に入るシングルファーザーの料理人ヴァーノン。
三人の取引きから、庭づくりが始まります。
(※ヴァーノンは花粉症で参加できません。)

近くて遠い隣人だった二人は、ガーデニングを通して打ち解けていきます。

beautifui garden4

初めてプレゼントされたのは、“ひまわりの種”。
ラストシーンを想像しながら観ました。
“イロハモミジ”の隣にしっかりと咲いていましたね♪

「ガーデニングとは、カオス(混沌)に美を見出すこと!」。
「美しい秩序を保った混沌の世界」。

猛毒だけど、美しい花“トリカブト”。
ダリア・デルフィニウム・サルビア・・・色彩豊かな花が美しい♪
塀の向こうに広がっていた美しいイングリッシュガーデンを観たとき、
ベラの心が変わっていくのを誰もが感じたはずです。

冒頭、フランス映画『アメリ』を彷彿とさせるナレーションから始まる感じも
ワクワクさせられました。
誰もが幸せになる映画でした♪


おまけ・・・
シネ・リーブル梅田にて鑑賞しました。
3階はパネルディスプレイだけでしたが、
4階は植物もあり、素敵なディスプレイですよ!

beautifui garden1

時間のある方は、4階にも足を運んでみてくださいね♪

beautifui garden2
PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード