fc2ブログ

大岡越前

『大岡越前』の強烈なお灸シーン!
(※以前の記事はこちら→

近頃「お灸をたしなんでいる」という大奥様(以下“静加”)。
同心や岡っ引きに断られ、
彼らの上司(与力)の佐橋孫兵衛(以下“孫さん”)が受けることに。

ニコニコしながらやって来る静加。

ooka13-1

片手いっぱいにもぐさを握る静加。

ooka13-2

盛り盛りのもぐさ。

ooka13-3

「大奥様、多すぎやしませんか?」
孫さんは不安になります。

線香に火を点け、もぐさに火を移します。

ooka13-4

「lこれくらいで良いのです!」

ooka13-5

燃える燃える(笑)

「耐えるのです!そして神様に祈りなさい!」」

ooka13-6

「あらあら、ちょっと多すぎたかしら・・・」

お灸の後は、静加お手製の甘酒をみんなでいただきました。

ooka13-7

「なんかカラダがポカポカして、楽になった感じがします」(孫さん)
「それは良かったではないか」(忠相)
孫さんも大満足!?のようでした。

その後、事件が起こり、静加がぎっくり腰に!
「大奥様、お灸をされたらどうですか?」(孫さん)
「わたくし、お灸なんて大嫌いなんです!」(静加)

えーーー!
初めてのお灸の実験台となった事を知る孫さんでした。

※大岡越前(第13部)第8話 「抜荷の鍵は仏様」より。


13部から鑑賞済みと書きましたが、この第8話だけ見逃していました。
それもお灸の回だったなんて!
ようやく追いついたけど、このまま最終話まで引き続き観ようと思います。
(※全402話+最終話スペシャル)

深夜の告白

『深夜の告白』。

「その日は通りにスイカズラの香りが漂っていた
殺人もときにはスイカズラの香りがする」
主人公ネフの語りから始まります。
(※以下ネタバレあり)

double indemnity1

そんな日に出会った金髪美女(フィリス)。
2階から降りてくる足元にはアンクレット。
ネフの頭からアンクレットが離れなくなります。

「いい匂いだ何ていう香水?」

甘い香りに惑わされた男は、
夫の保険金殺人の共犯となっていきます。

最大の敵となるのが、親友のキーズ。

double indemnity9

敏腕保険金調査担当者。
胸の中に“小さなおっさん”がいて怪しいところを助言してくれるそう(本人談)
そして、葉巻愛好家。

double indemnity7

いつもネフが火を点けてあげます。

完全犯罪と思いきや、キーズの“小さなおっさん”が騒ぎ出し、
ネフが追い詰められていく・・・

double indemnity3

「またスイカズラが香った 夜なので強い香りだった」

最後の夜にもスイカズラの香り。
実際、スイカズラの花は出てきませんが、そんな気持ちに持って行かれます。

ネフの“告白”が終わったラストシーンで
初めてキーズがネフの煙草に火を点けてやるという・・・
“最後の一服”を暗示させる演出が心に残りました。

1944年のモノクロ映画。
ビリー・ワイルダー監督。
その後の「保険金殺人映画」の原点ともいえる作品でした。

スイカズラの花

garden2023-6-3


おまけ・・・
最近、もう一度観てみると、香り(スイカズラ・香水・タバコ)以外に
飲み物にも意味があったのか・・・定かではない。
思い込みかもしれません。

飲み物に注目してみました!

フィリスに夫の保険金殺人を持ちかけられるシーンで
出てくるのがアイスティー。

ネフは怒って帰る途中、アイスティーの苦みを忘れたくてビールを飲み、
一人ボーリングに行きます。

その晩、ネフの家に訪ねてくるフィリス。
「いい匂いだ何ていう香水?」
「エンセナーダ(メキシコ)で買ったの」
「ロゼのワインが似合う 泡の立つ・・・けれどバーボンしかない」
バーボンを炭酸で割って飲む二人。

その後、殺人。

最初、キーズは事故だと上司に報告。
普段は安物の酒しか飲んでいない?キーズが、
「マティーニをおごるよ!」なんて上機嫌でした。

そして、“小さいおっさん”が騒ぎ出して胸やけ。
「ペパーミントはないのか」
「ソーダ水ならある」

雲行きが怪しくなり始めてからはオフィスのウォーターサーバーの水。

double indemnity10

取り調べのフィリスにも水。

違っても注目してみると面白い。
音楽にも仕掛けがあるかも!?
色々と楽しめました♪

さらば、わが愛~覇王別妃~

『さらば、わが愛~覇王別妃~』。
レスリー・チャン没後20年、公開30周年を記念して
4Kで特別公開されています。

haoubekki2

いち早く追悼映画をしてくれたシネ・リーブル梅田にて鑑賞。
20年という月日が経ち、同じ気持ちで来られているであろう人々と
素晴らしい時間を過ごしました。

haoubekki1

パンフレットは品切れになったほど!

haoubekki3
(※現在は再入荷されているようです)

たっぷり3時間堪能♪

中国映画で初めてカンヌ映画祭でパルムドールを受賞。
いつまでも色褪せない名作です。
(※あえてあらすじは書きません)


おまけ・・・
家に帰ってもう一度鑑賞(笑)

haoubekki5

どっぷりと浸った一日でした☆彡

haoubekki7
PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
01 | 2024/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード