護王神社

護王神社に行ってきました。

gou1

和気清麻呂公命(わけのきよまろこうのみこと)と
その姉・和気広虫姫命(わけのひろむしひめのみこと)を
主祭神として祀っています。

gou2

その昔、和気清麻呂が流刑され、刺客に襲われた際、
突如現れた300頭ものイノシシによって救われたといいます。
さらに、道鏡によって足の腱を切られていたにもかかわらず、
歩けるようになったという言い伝えから、
「足腰の神様」・「ご利益の神様」として信仰されています。

狛犬ではなく“狛イノシシ”!

gou7

別名「イノシシ神社」とも呼ばれるくらい、
とにかくイノシシだらけなのです。

霊猪手水舎(表門より)。

gou4

「鼻を撫でると幸せが訪れる」といわれています。

喜多門の手水舎。

gou5

神代杉のなで猪。

gou6

瓦の上にも!

gou3

また、足形もいっぱいあります!
(※仏足石ではありません。)

gou13

足形の上に乗って、足腰のご祈祷をします。

gou9

その他の足形入りの石碑も色々・・・

gou11

こちらは、仏足石に似ていますね。

gou10

※京都市営地下鉄烏丸線 丸太町駅下車(2番出口)~徒歩10分
拝観時間 : 6時~21時


おまけ・・・
歴史で知った道鏡事件(改名させられ流刑にあった)に
こんな伝説があったとは・・・
“別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)”という改名の印象が強過ぎました。

ガーデニング(野草編)

薬草園で鉢植えにされていた「カキドオシ」に憧れて、
散歩道で拾ってきました。

早速植えてみることに!

sasiki7

2週間後・・・

sasiki8

爆発的に増えていました!
根っこさえ付いていれば大丈夫みたいです。

ゴールはこんな感じ♪

kindaiyaku2
(※近畿大学薬学部 薬用植物園にて)

挿し木でも増えるそうなので、挑戦してみようと思います。
プランターも増やさないと!


庭に生えていた「ドクダミ」もプランターに植えてみました。

sasiki9

こちらに憧れて♪

naratosyo13
(※奈良県薬事研究センター 薬用植物見本園にて)

ヨモギ」も増やそうとしています。

sasiki10

ガーデニング(挿し木)

梅雨前に草刈りされた「ミント」を拾って来て、
挿し木してみました。

偶然見つけた「ミント」の群生!

sasiki11

ハーブ工房ほうざんの佐藤先生から、
以前教えていただいた種を育てる簡単な方法を
挿し木用にアレンジしてみました。

用意するのは2リットルのペットボトル。

sasiki1

半分に切って、下の部分にお水を入れます。
上の部分には“赤玉”を入れて、逆さまにして挿し木します。
ペットボトルの蓋を外して重ねたら出来上がり!

sasiki2

下から水を吸い上げる仕組みです。
そのまま何もせず、2週間後・・・

sasiki3

ぼちぼち増やしたいと思います♪

sasiki4


おまけ・・・
私の家庭菜園のバイブル本。

sasiki5

木村先生の本によると、挿し木には“赤玉”が一番良いそうです。
「ローズマリー」と「空芯菜」で実験されていますよ!

sasiki6
PROFILE

maia

Author:maia

漢方アロマセラピスト
リフレクソロジスト
メディカルハーブコーディネーター
(公社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

アロマ空間コーディネートや
ハーブコーディネートなど
総合的な癒しを提案しています

HP maia

RANKING
人気ブログランキングへ

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RECENT COMMENT
SEARCH
LINKS
MOBILE
QRコード